スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
予讃紀行 ~⑤道後温泉
予讃紀行もやっと最終回、道後温泉到着です。

道後温泉本館
木造三層楼で、明治27年に建築されたそうです。
千と千尋の神隠しのイメージソースになったとか。。
28830036.jpg

28830034.jpg

28830033.jpg

客待ちの人力車。
高感度フィルムとはいえ、エルマーでは辛いものがあります。
ジュピター3持って行けば良かった・・
28830032.jpg

道後温泉商店街
レトロがちっとも嫌味になっておらず、古き良き温泉街の雰囲気が漂っていました。
28830005.jpg

28830014.jpg

手持ち1/30・・
DIIは気合で動きます。。
28830024.jpg

28830023.jpg

28830027.jpg

早朝の窓辺に美女二人。
二階三階は予約制だそうです。
28790008.jpg

温泉街、スーパーカブ、昭和は遠くなりにけり。
28790009.jpg

帰路、来島海峡を渡って本州へ。

28790020.jpg
今度は芸予諸島を巡ってみたいですね。
もちろん、愛用のDIIを片手に。。

四国は旅情をかき立てる土地です。
お近くの方も、遠くの方も、ぜひ一度足を伸ばしてみて下さい。
長々とお付き合い、ありがとうございました^^/

LEICA DII +Elmar 5cm/3,5
日中撮影Solaris 200
夜間撮影Natura 1600
スポンサーサイト

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

【2009/10/30 05:07】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
予讃紀行 ~④松山城へ
四国旅行も2日目後半。
松山城を見学したあと、路面電車で道後温泉に向かいます。

松山城は加藤嘉明が築いた四国最大の城だそうです。
また、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つだそうです。
城郭のある山頂へは、ロープウェイやゴンドラで簡単にアクセスできます。

係員は坊ちゃんにちなんで袴姿。
女性の袴姿は良いですね。。
28820028.jpg

四国最大の城郭。
全国に現存する12の天守の一つだそうです。
28820024.jpg

窓の外に露出をあわせて、影絵の完成です。
28820025.jpg

お寛ぎのところを失礼。。
何だかサマになる方でした。
ogsn.jpg

松山城を見学したあとは、路面電車で道後温泉に向かいます。
松山は路面電車の残る町でもあります。

レトロな車両。昔の車両はデザインが優れていますね。
町に溶け込みながらも、確固とした存在感があるような。。
28820033.jpg

ウーンというモーター音を響かせて、鉄の車体が町を駆けます。
路面電車は、効率最優先の現代が失ったものの象徴のような気がします。
子どもの頃は京都にも市電が走っていたのを思い出します。
28820031.jpg

路面電車は、一路道後温泉を目指します。

Leica DII +Elmar5cm, FIKUS

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

【2009/10/29 04:03】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
予讃紀行 ~③祖谷のかずら橋
二日目は、大歩危・小歩危、かずら橋を廻って松山へ。

大歩危・小歩危は吉野川上流の急流で、大股で歩くと危ない、小股で歩くと危ない、
という意味だそうです。
紅葉の季節の渓谷美は最高だそうです。

急流沿いにへばりつくように道が続きます。
28800017.jpg

このあたり、意外に流れが穏やか。
ルアー持ってきたら良かった・・
28800019.jpg

急流下りの遊覧船。
残念ながら乗る時間がありませんでした。
28800018.jpg

祖谷川に架かるかずら橋。
かつて弘法大師が村人のために作ったという説や、平家の落人が楽に切り落とせる橋を作ったという諸説があるそうです。
山奥ですが、周囲は観光地化されていて、少し興醒め。。


あまごや鮎を売る売店。
魚の良い香りが漂います。
こういう店は郷土色があって良いですね。
28800022.jpg

かずら橋近くに停まっていたボンネットバス。
かずら橋タクシーと書かれていました。
28800034.jpg

かずら橋遠景。
通行料500円、一方通行です。
28800023.jpg

足元は急流。今まで落ちた人はいないそうですが、
両手離してシャッター切ってると、そのうち落ちます。。
28800020.jpg

旅行に来た大学生かな?
私も次は個人旅行で来たいものです。
28800033.jpg

Leica DII +Elmar5cm, FIKUS

思っていたより観光地化されており、俗っぽい雰囲気もあったのですが、
四国の渓谷美が存分に楽しめオススメです。
さらに奥には奥祖谷二重かずら橋というのもあるそうで、機会があれば行ってみたいものです。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

【2009/10/28 03:48】 | | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
予讃紀行 ~②金刀比羅宮
こんぴらさんの呼び名で親しまれる金刀比羅宮です。
讃岐といえばこんぴらさんでしょうね。。
有名な石段は御本宮まで785段、奥の院までは何と1368段もあるそうです。
もちろん私は、785段で力尽きました。。

門前町。昭和の雰囲気が残ります。
28800009.jpg

おみやげもどこかレトロ。。
28800010.jpg

道端で見つけた謎のモニュメント。
普通の民家の庭にありました。
28810020.jpg

総門まではお土産物屋が軒を連ねます。
ここでたくさん買い物をすると、…あとが大変です。。
28810023.jpg

総門をくぐると石畳。
鼈甲飴はここでしか買えないそうです。
28810028.jpg

石段はまだまだ続きます。
28810032.jpg

やっと拝殿に到着。へとへとです。。
28800001.jpg

この日は丸亀に宿泊です。
最上階からは瀬戸大橋とゴールドタワーが見えました。
バブル期に建てられたこのタワー、一度は閉鎖の憂き目にあったそうですが、
現在はテーマパークとしてリニューアルされたそうです。
28800012.jpg


次回は大歩危小歩危、かずら橋を回り、松山へ。
乞うご期待 (誰も期待してませんって??)


使用機材  :いつものライカ
使用レンズ :いつものエルマー
使用フィルム:いつものソラリス

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

【2009/10/27 02:33】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
予讃紀行 ~①淡路島PA
讃岐から芸予にかけての、2泊3日の旅の風景です。

ベタですが、バスの車窓からの瀬戸大橋
28810007.jpg

瀬戸内は波も穏やか
28810006.jpg

淡路島PAの大観覧車です
晴れた日には海の彼方まで見えるそうです
28810008.jpg

テラス越しの海
28810011.jpg

ファインダーの向こうには、
28810012.jpg
一面の青。
28810016.jpg

使用機材 :いつものライカDII
使用レンズ:いつものエルマー5cm



2泊3日ということで、レンズ選びに迷いました。
広角や長焦点、雨の日用にフロールも持って行こうかと思いましたが、
結局はエルマー5cm1本という無難な選択になりました。

今回、実は職員旅行中のスナップなので、
カメラ用のトランクを持ちたくなかったのが本音です。。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

【2009/10/26 03:21】 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。