スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
瀬戸内紀行 その4~仙酔島へ~
翌日、大三島宮を参拝してからバスで福山へ。目的地は鞆の浦。
着いた時は、まだ昼過ぎでした。
なので、夕暮れを待つ間、仙酔島へ渡ることに。

御手洗舎
FH030030.jpg

桟橋
FH020013.jpg
仙酔島行き桟橋です

いろは丸
FH020022.jpg
今年進水した船だそうです。どこも龍馬一色ですね。。

石段
FH020021.jpg
島にはホテルもあります。ここは「人生観が変わる宿」だそうです。

彦浜風景
FH020018.jpg
パワースポットだとか書いてましたが、流行りは嫌い。横文字は不粋。

親娘のいる風景
FH020017.jpg



鞆の浦に浮かぶ仙酔島、風光明媚な島。
平家一門や皇族方も好まれたとか。
山紫水明という言葉は、頼山陽が、鞆や仙酔島の美しさを表現した言葉だそうです。
スポンサーサイト

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

【2010/05/22 21:36】 | Leitz Elmar | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<瀬戸内紀行 その5~鞆港残照~ | ホーム | 瀬戸内紀行 その3~宮浦の夕景~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://berthiotflor.blog68.fc2.com/tb.php/118-a2452d43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。